ツイート数が最高レート

All I have to do is to believe in me.

択について

レート対戦で時と場合で選択肢を変える


ここで言う選択肢を変えるとは対戦相手によって選択肢を変え、相手の行動を読みきろうという意思で択を選ぶことである。


この行為は自分はとても弱いものだと感じている。


ポケモンというゲームは人がプレイしているゲームなので思考は人によってそれぞれであり、択ゲーになった場面で何を押すかは対戦相手次第であり、相手の行動を”全て”当てられるプレイヤーなどいない。


一々選択肢を変えていても勝率が不安定になるだけだと考えている。

それならば何戦もした経験から得た知識からどの択が一番通ってきたかを考えて

択を選ぶべきだと思っている。


勘違いしてほしくないがレート対戦において、この考えは重要だと思っているが一回負けたら終わりのトーナメント大会などにおいてこの思考は弱気であると思う。

勝つために相手がどの択を選ぶ可能性がありそうかとか選出段階で相手のリザがxyかとか勝つために全力で思考すべきである。

レートは潜る時間さえあれば1000戦だって潜れるが大会は一度しかない。


また、ptで試運転で何戦かこなすのは重要だと思う。

さっきも言ったように経験から得れる知識だってある。

試運転なしで机上論で組んだptだからやってみなくちゃ見えてこないことだってある。

組んだばかりのptで負けてさっさと解散するくらいなら勝率を落としたとしても、対戦回数をこなした方がいい。何か見えてくることがあると思う。


あと、再戦時で型バレしてる時などは様子見択を選んだ方がいい気がする。

前期自分が体験したことだが、初手リザガブの対面が出来たので交代読みステロ撒いたが

相手はxに進化して鬼火を飛ばしてきた。

その試合はなんとか勝てたが、

自分は鬼羽リザは重かったのでTNをメモして、再戦時に役立てようと思った。

そしてたまたままたそのTNとマッチングして、同じ対面が初手で出来たので地震を打った。相手は進化して鬼火を打ってきた。

地震はギリギリ耐えられたがその後の試合運びがどちらが有利かは明白である。

こういう時、対戦相手の立場で自分は様子見択を選ぶべきだと思った。

ここでの相手の最善の選択はもちろんメガなしで鬼火を打つことだが、

こちらが岩石封じなどの岩技を飛ばしてきたら一方的にリザが倒れてしまうのに対し、

リザが鬼火を打ったとしてもガブは倒れないしそこから切り返される可能性だって十分にある。

また、鬼火は外す可能性もあるうえにラムガブ(今は殆ど見ないが)の可能性もある。

またドラゴンZガブならドラゴンZは安定択である。

このようにリスクとリターンが見合わない選択は様子見択とは言わないが、

相手のptには確かカグヤとレヒレがいたので

その辺りに引くのが様子見択と言えると思う。

まぁこの時僕が相手にこれされてたら怒ってた気がするけど。


過疎環境が進む中再戦は避けられないものなので時には選択肢を変える必要もあるが

基本的には択を一貫させるのが一番勝率アップに繋がると思った。